最近の記事


カテゴリー


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク


月別アーカイブ


全ての記事を表示する


ブログ内検索

ようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別と拘禁の医療監察法の廃止を!11/19全国集会

(会員からのお知らせです)

差別と拘禁の医療監察法の廃止を!11/19全国集会


 当初24カ所建設するとしていた予防拘禁施設は現在8ヵ所。しかも多くは当初の基準を変えて既存病棟を改造したもの。精神科医:中島直さんの言うように心神喪失者等医療監察法は「法を存続させる最低限の根拠すら失われている」現状にあります。
 微罪での適用、遠方施設への入院、入院決定への抗告が認められ退院してもその補償が全くない等々、法の目的として掲げられた「患者の社会復帰」は建前、狙いは保安処分体制構築にあることを実態が物語っています。
 その狙いを隠すことなく示したのが7月26日の法制審諮問第77号です。その諮問は「性犯罪者や薬物犯罪の再犯の恐れがある満期出所者を対象に、刑終了後も専門病棟へ入所させる制度などの導入」(東京新聞)であり、杉浦法相は「社会防衛のため」「再犯の恐れを防止する」と公言してはばかりません。

 この国は戦前から狙ってきた保安処分体制構築を、まずは精神障害者を対象にした医療観察法でその突破口を開きました。いまその対象を拡大しながら全面的な保安処分体制を確立しようとしているのです。私たちは医療監察法を精神障害者差別と予防拘禁・保安処分法として反対し、法の成立後も廃止を求める闘いに取り組んできました。この法は廃止しかありません。多くの皆さんのご参加を心から訴えます。

●日時 11月19日(日)13:00~16:30
●場所 中野商工会館(中野区新井1-9-1 TEL.03-3389-1181)
●交通  JR中央線・地下鉄東西線 中野駅 北口下車 徒歩7分
●資料代 300円

●集会内容
基調報告
 講演「あらためて予防拘禁法を問う」
   内田博文さん(九州大学教授:刑法)
      (『ハンセン病検証会議の記録-検証文化の定着を求めて』等、多数。
       共謀罪反対・ハンセン病差別問題などに取り組む)
全国各地の仲間からの発言 など

□全国交流会 11月18日(土) 18:00~21:00
 中野商工会館
□心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!
ネットワーク第3回総会
11月19日(日) 10:00~12:00 中野商工会館
 *全国から参加される当事者の仲間の交通費は、ネットワークで最低5000円を負担します。
--
********************************************
山本真理
nrk38816@nifty.com
http://nagano.dee.cc/
全国「精神病」者集団ニュースご購読を
http://www.geocities.jp/bshudan/nyukai.htm
あるいはいくばくかのカンパを
郵便振替口座 00130-8-409131 口座名義絆社ニュース発行所
fax 03-3738-8815 tel 080-1036-3685(土日以外午後1時から4時まで)
鈴木敬治さんとともに移動の自由を取り戻す会
http://suzukikeiji.hp.infoseek.co.jp/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sharin.blog65.fc2.com/tb.php/17-52f8e770

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。